松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
江戸かミを連て紀文も山開 白日
 云ハれぬ事を神へ囁く  笑口
時鳥啼て煙草に火か付かす  菊武
 乗合舟に猿のいたつら  立葵
又一重刀へ着せる柄袋  万年
 僅なうちに雪のどか降  笑口
撰人て嫁御を祝ふ蝶の胴  太路

 悪る口いふか気に入の医者 貫環
主命に片袖濡らす杜若  立葵
 夕日まはゆく麦洗ふ里  菊武
戻り牛角に油の提陶  太路
 地虫釣る子の睾丸に砂  万年
月花も篭るハいつれ筆の先
 厂瘡病て夏を待顔 貫環

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・笑口・菊武・立葵・万年・太路・貫環