松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)、句上

画像を拡大する
釣船へ売かく船の声さひし  「梅彦
 供を帰して直に別荘  「菊武
垂丈の狂ふ袴の綻ひて  「陸馬
 兵具のあまた出し虫干  フ
葛切の游歩行て心る箸  フ
 家うちの睦ミ鏡とそ成る  フ
松ありて花花ありて松鶯  フ
 長閑な陽巣の鶴の声  フ

持 笑口 梅彦 菊武
瀾山
白日公  ■10
笑口   62
梅足   53
〇太路
木童
白日公  81
笑口   70
梅足   58
〇笑口 梅彦 菊武
白義
笑口   54
白日公  52
貫環子  51
〇太路
東寓
梅足   65
白日公  46
梅彦   41

関連データ

作者(連衆)
梅彦・菊武・陸馬
点者
瀾山・木童・白義・東寓