松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
知恩院総を銀に人計 白日
 稀に形を見た時鳥  太路
卯花か咲て明日他家の窓  牛如
 誘引に来たを知ている妻  梅足
月代を剃る連摩に水浴せ  笑口
 貰ふた中に終に見ぬ魚 貫環
餅と酒左右に分て生身魂  梅彦

 人手待すに聟の草市  笑口
淋しさは知らぬ五町の月の貌  牛如
 ぱつとした沙汰千両の質  梅足
横切て通り兼たる牛車  太路
 二人揃へハ曠な小便  菊武
花ははや咲かぬ老木も木/\の数  フ
 彼岸を待て刺終る髪  牛如

関連データ

作者(連衆)
太路・牛如・梅足・笑口・貫環・梅彦・菊武・白日(真田幸弘