松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
名護屋にも貧家たしかに刀鍛冶 白日
 骨迄濡れた頭巾頃に傘(?) 貫環
吊ひの中にましめな?椉?頭様  梅足
 三年に???なる噺嫁の鶴亀  太路
百年忌彼岸も来て居臺所 白日
 心?や壷の中の紙屑  陸馬
月涼し/\といへは秋にはや

 嵯峩の夜長に下手な??講釈  馬隠
〓(白に僕の旁)くさきかりた羽織に鳫の聲  梅足
 御隠居様と言にくき歳 貫環
突出のまた打かけにしハられて 白日
 油断てならぬけふの空炮  陸馬
花あまた侍傍に流も?よき好ミ
 袴てすくふ白魚の〓(糸偏に麗)  梅足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・梅足・太路・陸馬・馬隠