松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
米炊く侍傍??へ寄る子を肘てよせ  簣十
 今ハつらゝれの錦年明 白日
掛取も利口二道掛ていふ 貫環
 大雪に成る空の不機嫌  梅足
身の罪も解る??鐘鋳のたゝらふミ  馬隠
 年はよつても髭て名高し  立葵
菊見たる禮に来てきく鹿の聲  太路

 月からこほす雨ハ夫迠
真闇に伊勢の遷宮今や/\  陸馬
 さまかへた親にあふ傾城 白日
樓の屏風ハわさと??文て張  立葵
 瀧に夕日の目の前に虹  簣十
散物と中/\ミえす花盛リ
 上座に直る雛の??新参  太路

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簣十・貫環・梅足・馬隠・立葵・太路・陸馬