松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
金瘡て軍央に気を休  立葵
 つまりさかなに白拍子出る 貫環
〓(口に耳)の嬉しい顔と憎い顔  梅足
 祭の象の飛て嚏  馬隠
水賣のあたりへ水を打散  立葵
 思ひの外の百両か薪  梅足
?待つ時ハ降らすとつさり算へ??日に 貫環

 一針縫ひに勧化集る  馬隠
踊見に尼の昔の懺悔して  簣十
 鳥烏飛行く月暈のうち
我穐→秋を忘てのけし仲の町(?) 貫環
 素?顔/\の酒にうつろふ  簣十
花一重???狐なく八重も咲ならん
 やつと三寸計陽炎

関連データ

作者(連衆)
立葵・貫環・梅足・馬隠・簣十