松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
目利した西瓜の白く酒買て  陸馬
 峠は雨歟濡て来る馬  簣十
傀儡共吉次か噂とり/\に  梅足
 鄙の美人ハ石中の璧  太路
旭さす掛行燈ハまた消へす  立葵
 四傑ひつそり瓜の塵ひち 白日
年寄の侍から止る高足駄  陸馬

 下女の逃込御師の取次  簣十
透見する障子に移る緋縮緬  馬隠
 布引?隅て吸物か出る 貫環
不二晴て気の浮立し下屋敷  立葵
 乗垂枝は松さし枝ハ花
ほんほりと更るに附て霞む月
 猫にハあらす魚祭る獺  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・陸馬・簣十・梅足・太路・立葵・馬隠・貫環