松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
尚歯會??実植の梅を誉なから 白日
 眠リも順に移る腰?懸  笑口
馬耳?峯の風孕ませて高瀬の帆  梅たり
 波も静り奥様の釣  馬隠
案の外角前髪の茶碗酒  梅彦
 皷か先へ寄て待笛 貫環
凱陣の馬にも御意の無い計 白日

 桜の上に高き片そき  梅たり
附髪を提て二見の浦長閑 貫環
 霞のあやを讃る案内子  太路
〓(魚偏に壇の旁)鱣裂く女を指て鬼とやハ  馬隠
 前帯へ顔当て乗る駕  簣十
すハ/\と風うそ寒き朝の月
 ??飪へかねる菊畑の土  梅たり

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・笑口・梅足・馬隠・梅彦・貫環・太路・簣十