松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
何とな?く?の調子も秋鰹  馬隠
 吊二ツ大門を出る 貫環
忍ふ身に物好過し伊達袋  梅彦
 伯父の非道も陰の助太刀  笑口
いくら程有うき小粒一掴み(?)  万年
 棟上に見違へる棟梁  簣十
田や畑も入れて相馬の大内裏 白日

 寒中訪ふて猪肉二枚  万年
春へ手の届く内義の衣配  笑口
 贔屓/\て買付の紅粉  馬隠
塗下駄ハいらさる事の油足  万年
 鴬聞に足らぬ草餅  太路
花筵暮て月待つ丸硯
 扇の??まつ光る?  万年

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・馬隠・貫環・梅彦・笑口・万年・簣十・太路