松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
睦しき??羽織年始の聟舅 貫環
 恥らふ酌に又飲める酒 白日
牡丹畑?ほとハ?残して蔵普請  梅たり
 夏ハ表家と成し別荘  梅彦
庖丁かきいて一トはら掛人(?)  笑口
 目八??方より高い面箱  簣十
奈良巾中か寄ていたハる孕鹿 白日

 桜の雪を踏て斎僧  太路
関越へて里あり/\と鳳巾  馬隠
 ?狐所て拾ふ髻  万年
古戦場音もさへ渡る轡虫  簣十
 曽良か骨?柳にも冷しき反古 白日
何となく物毎かこつ月の頃
 情の??身に入?る秋 貫環

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・梅足・梅彦・笑口・簣十・太路・馬隠・万年