松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
乗つれた女衒の駕籠にからす瓜
 妻の氣たてに家内賑ふ  梅足
堀抜と前の長者の置土産  馬隠
 不二南から催する雪  斗凉
猫の目に狂ひ時計の懸合セ  梨東
 シテの素貌に姦しき翠簾
うら若く世に住む尼の羽織着て  梅足

 菊をほめ/\老の長尻  馬隠
暮安き日を照り返す村紅葉  斗凉
 月のゐたゝき山のおもかけ  フ
くつさめの我におとろく大伽藍
 不斗母の手に見出す珠数たこ  梅足
木の下ハむかしめいたる花の幕  フ
 芝生の中に菫とひ/\  フ

関連データ

作者(連衆)
菊貫(真田幸弘)・梨東・斗涼・馬隠・梅足