松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
三千の姿廓の髪洗ひ 白日
 大悟の眼にも美人ハ美人  簣十
郭公斧禁断の御山より  梨東
 牡丹に十日足らぬ一樽  梅彦
舟獨手前渡しをあふなかり  花足
 平井も旅の心ち本復
荒鷹の休み茶店の乗気あかひ  簣十

 轡虫啼く馬醫か生垣  梨東
年明の去年の月見のうき咄シ  梅彦
 妹聟は何事も伊勢  花足
雉子聲また鞦〓韆の縄ゆれて
 蔵の前後に金銭花咲  簣十
禅寺の掟もゆるき花の頃  梨東
 竃将軍麾を振婆々  梅彦

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簣十・梨東・梅彦・花足