松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
客帳の筆初め又紀文にて  梨東
 待れてこはい?娵の臨月
寒梅や鶯も舌切た色声  梅足
 いはれぬ異見するも旧知己  簣十
捨た子の行衛かしれて猶苦し  花足
 実?無一物芥子のちり際  梅彦
??貧寺の清水に過た繋馬  梨東

 霞うつすり月のまゆすみ  フ
桶伏せを出た??眼曙桜とも 白日
 素桟?嫌て?おくれ年礼  梅足
更養?受答二役鸚鵡せわしをき  簣十
 指に泪を挟む諫言  花足
雪の日や碁?盤取巻関?肉屏風  梅彦
 猿島公家の伽羅の香に酔  梨東

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簣十・花足・梅彦・梨東