松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
鼻紙も飛かふ蝶の二挺立  梅彦
 とろ/\眠眼と亡キ妻の皃 白日公
木琴を煙管て気とる竹格子  梅足
 夕日に向ふ緋音呼鳥@インコ@の照  簣十
散や子の吹てみたかる桐の花  花足
 宗旨法華六字南無右衛門  梅彦
木枕の土壇に指の一の胴  梨東

 千両箱の封を切る夢  梅足
桜さへ七日は持に明智殿 白日公
 巣鷹卸してもてあます社家  花足
治聾酒の利めも見へて母の世話  簣十
 御産声の響く国中  梨東
放し亀身に入水は?歟沈みかね  梅彦
 末下りに簾巻く月

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簣十・花足・梅彦・梨東