松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
大門を跨くと活るはつ鰹 白日公
 続々日和に螺舎恋しき  梨東
鷹匠の先触羽か付て飛  花足
 冬の梅咲く寺が御床几  莫牙
気の付し石田左吉か茶の加減  呉潭
 七書見てから儒者の等閑  簀十
からめ手の不勢篝て焚隠し  立葵

 夢て有たと三寸あける妻 貫環子
何ぞ歟ぞ噂九軒に一ツ宛  梅足
 残んの月に暑き石垣  陸馬
口附のすきに祭の社家の馬  簀十
 借りた屏風へ和子のむた書  呉潭
吸筒の活て働く花の頃  フ
 紫衣地がらんと裏は菫野  花足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梨東・花足・莫牙・呉潭・簀十・立葵・貫環・梅足・陸馬