松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
謁仰の襟へはらりと杉の花 白日
 堀出しものゝ母の本復  花足
おのつから右座左座下戸上戸  簀十
 納所坊主を瘤殿と呼  立葵
客殿に銭かとみゆる冬の蠅  梅足
 拝領らしき帯〆て嫁  陸馬
涼風に愛敬つける杜若 貫環

 夏此頃の月曇かち
詠歌に凝て刺たひ身の願ひ 白日
 都なら嵯峨青山の菴  梅足
牡丹餅は小豆の方か焼にくし 貫環
 看病上手苦にならぬ嘘  花足
あたしかさ去るとも花に程通し
 ある夜ひそかに魚祭る獺  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・花足・簀十・立葵・梅足・陸馬・貫環