松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
五丁町世界の外の又世界
 若いは二度とないとやる質  牛如
ぬるい茶をすゝつて噺す唐物屋  杵十
 帆を揚て来る炎天の牛  馬隠
喧嘩する凡夫盛の神輿持 環川
 無沙汰のしほの抱子負ふ子  馬隠
なくなつた針もどかしき衣配  雲牙

 見懸た文に包む温石  太路
女房にふられる内か男なり  梅足
 顔をしかめて二日めの酒  笑口
鶯に窓明させて又寐入  立葵
 風暖に明残る月
散る花にまさか袋も懸られす  万年
 鉄炮坂に矢竹ぞつくり 環川

関連データ

作者(連衆)
御(真田幸弘)・牛如・杵十・馬隠・環川・雲牙・太路・梅足・笑口・立葵・万年