松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
大道と見へて無言の女連 環川
 請出された先か故郷 白日
皐月晴乞鳥のひた啼て  牛如
 馬を小桶に夏の供待  笑口
侘住居心ハ派手な向嶋  梅彦
 袈裟の裁見に宗佐いさなふ  斗涼
神主のけふハ似合ハぬ古袴  若水

 鷹据揚て筆の一札 白日
饗応しの庵の新蕎麦薬ほと  梅足
 月夜静に烏川澄む
藁灰を捨てハ母の手をかさし  雲牙
 怖々毒をゆるす代脉  馬隠
花溜の水吸に来る夕燕  万年
 霞て橋を洲先神奈川  太路

関連データ

作者(連衆)
太路・万年・馬隠・雲牙・梅足・若水・斗涼・梅彦・笑口・牛如・環川・白日(真田幸弘