松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
陽炎の中にあか汲む高瀬舟  菊武
 買人大勢さて売れぬ松 貫環
蝙蝠とおなし比から出る病ひ  梅足
 評東も俱に二歩差なし  牛如
酔醒の葬禮戻りそつとして  菊武
 額に黒子仏五左衛門  梅足
笠島の泥によこれし頭陀袋  「牛如

 荒し杣屋も歌の言くさ  フ「「笑口四」を見消ち
鷹の眼もするとに成て枯野原  「太路
 鳥居遥に乗捨の馬 「貫環
和田恩地率頭につれて一軍  「梅足
 惜しい娘のあハれ違  菊武
後の月只たのむなる観世音  陸馬
 霧を防んための梅干  仝

関連データ

作者(連衆)
菊武・貫環・梅足・牛如・太路・陸馬